« 立ち向かうときがきた | トップページ | 〝苦に徹すれば珠と成る〟 »

国会は何と比べる?

Photo   Photo_2

  鵺の凄む議事堂       ゴキブリ

 米国連邦議会はゴキブリ以下らしい。昨年の米世論調査の結果だ。議会の評価をさまざまな物と比較したところ、シラミ、犬のふん、歯の治療の方に軍配が上がった。「財政の崖」問題の混乱で有権者が愛想を尽かした

▼翻って日本はどうか。国会のセンセイ方は来月から“給与”が大幅に増えそうだ。2年前に始まった歳費20%削減が今月末で打ち切られるからだ。消費増税に理解を得るはずの「身を切る改革」がもう店を畳む

▼議員歳費は本来、月129万4千円。2回の期末手当を含めると年間2106万円だ。東日本大震災の復興財源として13%、議員定数削減が実現するまでの約束として7%が減額され、年1685万円になっていた

▼肝心の定数削減は頓挫したままだ。被災地の復興は程遠く、今なお26万人が避難を続ける。消費税も上がったばかり。国民には痛みを強いるのに、自らの権益は死守する根性は情けない

▼議員には他に文書交通費が月100万円、立法事務費が月65万円、さらに政党交付金も血税から支給されている。石破茂自民党幹事長は「新人議員は困窮している」「民主主義のコストだ」と開き直る。他党も及び腰で、議論では沈黙の場面が続くという。逃げ切りを待っている状態だ

▼自らを律せない“税金たかり虫”の国会は何と比べればいいか。例えられる害虫たちも、さぞ迷惑だろう。<金口木舌>

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
◆国政選挙が終わると、いつもいわれる話がある。「国民がこの程度だから選ばれる国会議員のレベルもそれに相応している」という話である。これは、国民に対して失礼な言葉だと思うが、私は決してこのようには思わない。

◆それどころか、いつの選挙でも国民の投票行動は正しく民意を反映して「いい線」行っていると思う。前回、民主党を選んだ人は臍を噛んでいるでしょう。、「政治は義理と人情だ」「猿は木 から落ちても猿だが、代議士は選挙に落ちればただの人だ」等の格言を残した{大野伴睦}氏の言葉もゆえあるかな!

◆石川達三氏の小説『金環食』の言葉が脳裏に浮かぶ。
『周りは金色の栄光に輝いてみえるが 中の方は真っ黒に腐っている』
政治家に「清廉潔白」を求めるのはむりでしょう。

◆そのわけは、一度、赤絨毯を踏めば、その美酒の魔力の虜になり初心を忘れるのは、歴代の議員を見れば分かりますが!その最たるものは、政党助成金です・・未だに政治資金を企業・団体から貰っている。外国人の献金を受けても恥じない鉄仮面なのだ!
 

 これ以上<吠えると>{閻魔さま}から叱られる・・・ι(´Д`υ)アセアセ

« 立ち向かうときがきた | トップページ | 〝苦に徹すれば珠と成る〟 »