« 「野イチゴの別れ」!(^^)! | トップページ | 「先行衝動」 »

「あの世からのことづて」

31xt0ar42zl__sl500_aa300_ 

 不思議なことってあるものだ。福岡市の男性の手元に先日、母親が33年前に出した手紙が宛先不明で舞い戻った。長い年月、どこをさまよっていたのだろう

◇九州の郵便局に問い合わせてみた。切手と消印は確かに1979年当時のもの。原因は調べてみたものの「分からない」。誰かが自分宛てでない封筒の存在に気づき、ポストに再投函(とうかん)した? 母親は7年前に亡くなっている。男性が「『忘れないで』という母からのメッセージかも」と喜んでいると聞き、あれこれ考えるのをやめた

◇作家の松谷みよ子さんの著書「あの世からのことづて」「異界からのサイン」(いずれも筑摩書房)に現代の不思議な話が収録されている。母が娘に死を知らせに来た。「死ぬ時は足の痛みを持っていく」と言っていた義母が亡くなると、足の痛みが消えた戦死した叔父が会いに来た。女の子が神隠しに遭った…

◇昨年の県北部地震の直後、飯山市の6体の地蔵がそろって栄村の方に向きを変え、話題になった。錯覚や偶然、あるいは人為的な原因なのか。「現代の私たちは、知性によってとらえられたものを絶対視して生きている。その結果、知性を介するととらえられなくなってしまうものを、つかむことが苦手になった」。哲学者の内山節さんが書いている

◇かなうものなら、知恵深い先人からのサインをとらえてみたい昨今なのだが。【斜面】

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.

☆ かく言う【珍念】。摩訶不思議な出来事に何度も遭遇しました。お話したいのですが 筆者の筆致では、誤解を被る恐れがありますので口を閉じます。「珍念の誓い」 (サイトはコチラです)に、若干述べていますのでご覧下さい

\( ^∇^)/θ☆ わ~い!

« 「野イチゴの別れ」!(^^)! | トップページ | 「先行衝動」 »