« 挑戦の心〝さあ、これからだ〟 | トップページ | 人間ども集まれ »

<ギリシャ映画界の巨匠、アンゲロプロス監督>

2e3ed6b5

 ギリシャ映画界の巨匠、アンゲロプロス監督の「旅芸人の記録」をご存じだろうか。第2次世界大戦が始まった1939年から戦後の52年にかけて、芝居を上演しながら地方巡業をする旅芸人一座を描いた75年の映画である

 先日、北島町創世ホールで開かれた群馬県の「沢入(そうり)国際サーカス学校」卒業生ら3人による公演「旅する道化師と大道芸人たち」を見て、この映画を思い出した。映画が描いたのは戦争の悲惨な歴史、サーカス学校の卒業生らが訴えたのは福島第1原発事故の悲劇だった

 日本で唯一のサーカス学校である同校。創立10周年を迎えた昨年3月、東日本大震災による原発事故が起き、170キロ離れた同校も国の除染基準を超える放射能に汚染された。西田敬一校長の判断で休校し、今年3月から西日本への巡業の旅に出た

 徳島は西田校長の妻久美さんの故郷。北島町創世ホールではハラハラドキドキの大道芸や懸命に生きる路上生活者を描いたパントマイムが披露され、大きな歓声が沸いた

 同校が休校したのは、若い女子学生への放射能の影響が心配だったからだという。巡業のワゴン車に張られた「原発はいらない!」の文字。それが学校再開への強い願いを感じさせた

 22日、東京スカイツリーが華やかに開業した日その騒ぎをよそに、反原発とサーカスの楽しさを訴える道化師らの旅は今月いっぱい続く。【鳴潮】

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚

◇ う~ん ・・・・ コメントは『蛇足』!

\( ^∇^)/θ☆ わ~い

« 挑戦の心〝さあ、これからだ〟 | トップページ | 人間ども集まれ »