« 「百点満点でした」 | トップページ | お笑いくだされ~ぃ (*^_^*) »

戦中-戦後、一教師の歩み

A2

 瀬戸内海の寒村に赴任した、師範学校を出たばかりの女性教師と新1年生の出会いと成長。映画にもなった壺井栄の小説「二十四の瞳」は、読み返すたびに胸を熱くさせる

▼一方、京都市内の小学校に約40年勤め、2009年に亡くなった大橋まりさん。時代は十数年下がるものの、戦中-戦後の歩み、児童たちへの思いは小説の主人公・大石先生と重なる部分が多い

▼下京区の市学校歴史博物館が、企画展(8月28日まで)で大橋さんを取り上げたのには訳がある。遺族から寄せられた資料の整理作業中、1952年度に新洞小(左京区)を巣立った児童の卒業文集が学芸員の和崎光太郎さんの目にとまった

▼「人の心のあたたかさにふれた時 理くつなしに涙がこみあげます もののいのちのふしぎさ」。卒業生への大橋さんの言葉だ。「大切にしよう 自分のもひとのも すみっこにあるいのちを」の詩(一節)も残している

▼人の心のあたたかさ。命と仲間の大切さ-。そこには短くとも軍国主義の戦中教育を担った内面の苦しさや物がなく戦後の貧しい生活をともにした児童たちへの大橋さんの思いが凝縮されているのではないか、という

▼特別でも有名でもない。展示も写真や文集などありふれたものだが、激動の時代に悩みつつ児童と正面から向き合った教師がいたのは間違いない。現状と比べるか、小説の世界に思いをはせるか。受けとめ方はいろいろありそうだ。【凡語】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Kuti02 

 感動しました。
   かく 言う <珍念>
  (大橋まり先生)の
  ように、生きたい

« 「百点満点でした」 | トップページ | お笑いくだされ~ぃ (*^_^*) »