« あっぱれ、ケインズ | トップページ | 健啖家[けんたんか](*^^)v »

子どもゼロの日

K1 09

 数字を積み上げたり時を刻んだり。ネット上にはさまざまなカウンターが公開されている。有名なのは国の財政赤字額を刻々と示すページだが、こちらは考えさせられる「秒読み」だ

▼「日本の子ども人口時計」。少子化が続く日本で15歳未満が1人になるまでに残された時間を示すけさ7時現在では36万4875日0時間46分7秒となっているはずだ。東北大経済学研究科の吉田浩教授らが、「その日」を千年後の3011年5月とはじき出した

▼少子化どころか「無子化」時代を描いた映画があった。英米合作の「トゥモロー・ワールド」。人類が生殖能力を失い、2027年に地上から18歳未満がいなくなる。奇跡的に妊娠した女性を、主人公の公務員が懸命に守る

▼小説「人類の子供たち」(P・D・ジェイムズ、ハヤカワ・ミステリ文庫)が原作。市街戦の中、女の赤ちゃんが生まれる。兵士の一人が「赤ん坊を抱いたら泣けてきた。あまりにかわいくて、本当に小さい」と、銃を下ろすシーンは印象に残る

▼物語で不妊の原因は謎とされたが、日本の少子化の原因はほぼわかっている。必ずしも若い夫婦が子どもを望んでいないわけではない

▼「秒読み」は仮想だとしても絵空事と言えるか。子どもは「あまりにかわいい」だけでなく希望そのものだ。日本のカップルには、望めば授かれるような手だてが要る。【卓上四季】

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;

◇ コメントは「蛇足」! 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

« あっぱれ、ケインズ | トップページ | 健啖家[けんたんか](*^^)v »