« 「土用の丑の日」ヽ(´▽`)/  | トップページ | 滅びの「笛の音」 »

「義」に生きる

   A11_2 珍念のひとりごと

 滋賀県の関津峠に立つ「大石義民の碑」を御存じでしょうか。

江戸時代、ここで処刑された兄弟を称え、大正8年(1919年)

に建立された。

 ▼山に囲まれた大石の各村では、墨を焼いたり、荷物を運搬

して生計を立てていた。しかし、膳所藩の代官が人馬に重税を

課したため、住民の生活は窮乏を極めた。

 ▼大石富川村の彦治と源吾は、藩の役人に訴えたが顧みられ

なかつた。兄弟は厳罰を覚悟で、幕府の巡見使に直訴する。

慶長19年(1614年)2月24日、二人は、磔の刑に処されたが、重税

は改められた。住民の悲願が叶ったのだ。

 ▼庶民の生活を守るため、兄弟は命懸けで声を届けた。

声なき声に耳を傾け、代弁し、社会に働きかけていく。「義」の人が

いなければ、時代は闇に閉ざされる。

 ▼池田名誉会長は、「義」とは「エゴイズムの克服」であり、「世界

市民の条件」である、と。正義のため、迫害を恐れずに声をあげ続

けるー。そこにこそ、「義」を訴える意義があり、平等な社会を築く

方途もある。 コラム「名字の言」(糀)引用

 ☆ 筆者は今の為政者に、この兄弟のように「義」に生きる人は

果たして何人? いるのかなぁ と 憂いています。

皆さま・・鳩山前首相が、首相を辞任したら次回の選挙は辞退します

政界を引退しますと。 その決意はあっぱれ!・・と思っていたら、え・・

なにやら・・可笑しな様相に・・・ ナヌ  (# ゚Д゚) ムッカー

 ☆昔から嘘つきは泥棒の始まりと言われていますが よもや・・

それにつけても・・予算を組みかえれば20兆円ぐらい・・出てくると

選挙公約に、あっと驚く高速道路・無料・子ども手当月額26000円

沖縄の米軍基地も最低でも県外・グアムに移転。今年の5月までと

社会主義国家の兆しがみえますが・・極めつけは 誰も公約

違反と認めない。 可笑しな摩訶不思議な政党です。

政治と金の問題や・・あ・・余り考えると残り少ない髪の毛が抜ける。

 ☆議員だから偉くないですよ・・庶民のために命懸けで頑張る

使命があるやに」思う。いわゆる・・庶民の召使い(語弊があるかなぁ)

選挙期間中・・皆さまのために頑張りますと・・聞いていますが。

 あ・・余り しゃべると ボロが出ますので退散します。 (^-^;

 

« 「土用の丑の日」ヽ(´▽`)/  | トップページ | 滅びの「笛の音」 »